インタビュー


三重県のサッカー情勢について聴く

リオデジャネイロオリンピック出場を、劇的な逆転勝利で決めたサッカー日本代表(U-23)
盛り上がる日本のサッカー界、しかし三重県も負けてはいない。
そのような状況を一般社団法人三重県サッカー協会の嶋津宗晴会長に語ってもらった。


一般社団法人三重県サッカー協会 会長 嶋津 宗晴
× まるミエ☆スポーツ情報局 編集長 橋川 恵介

盛り上がる三重県の社会人サッカークラブ

橋川:今シーズンの東海社会人サッカーリーグの1部には、三重県から3チームのクラブが参戦しますが、 これらの社会人の活躍をどのような思いでご覧になられていますか?

 

嶋津:昨年、東海社会人サッカーリーグ1部の2位であったFC鈴鹿ランポーレ(現:鈴鹿アンリミテッドFC)、そして、東海社会人サッカーリーグ2部の1位であったヴィアティン三重、
2位であったFC伊勢志摩、この3チームが来年度は1部リーグで戦うことになります。
それぞれのチームが、違った大変良い特徴をもっており、ここまで良い結果を残してくれています。今シーズンも大変期待をしています。

 

橋川:この3チームが活躍し、将来的には、三重県にJリーグのチームが誕生することを 心待ちにしているサッカーファンは多いと思いますが、会長の期待には,Jリーグへの想いも含まれていますか?

 

嶋津:一般の方からは、三重県にはこんなに良い選手がいるのに、また、四日市中央工業など有力な高校もあるのに どうして三重県にはJリーグがないのか?というご質問を受けることが多いが、簡単にできるものではない。
東海リーグは登竜門であり、まずは東海リーグで結果を残す必要があります。 さらに、全国地域サッカーリーグでも結果を残さないとJ3は見えてはきません。 また、他にもJリーグへの飛び級の方法はあるのですが、実力だけでは入れないのがJリーグです。 それは、財政面や職員などの問題を含め、健全な経営状態であること、そしてスタジアムの問題など 多くの課題をクリアしていく必要があります。
 
橋川:Jリーグへの加盟に際して、それらの厳しい審査を通過するということは舞台に立つまでは、非常に厳しいですが、そこに立てるということは実力だけではなく、経営面や行政の協力体制など一定の評価を得ているということが実証されているわけですね。
それでは、三重県サッカー協会(以下「県協会」)として、実力以外の課題が解決される為に取り組んでおられることはありますか?
 
嶋津:県協会としても、色々とあの手、この手と取り組んでいます。一例ですが、日本プロサッカーリーグの専務理事を招き、該当のサッカークラブや行政職員や関係者との懇談をセッティングしています。
 
橋川:ファンのわからないところで、水面下の支援に取り組んでおられるのですね。
 
嶋津:これからも、県協会として出来る限りの協力を行いながら、焦らずに、機が熟すのを待ちたいと思います。
 
---第51回東海社会人サッカーリーグ1部は、5月に開幕し、次の8チームによって熱いリーグ戦が繰り広げられる。
FC刈谷(愛知県)・ 鈴鹿アンリミテッドFC (三重県)・
藤枝市役所(静岡Chukyouniv.FC(愛知県)・
FC岐阜SECOND(岐阜県)・常葉大学浜松キャンパスFC(静岡県)・
ヴィアティン三重(三重県)・FC伊勢志摩(三重県)

躍動する三重県出身選手を輩出

橋川:リオデジャネイロオリンピックアジア地区最終予選では、浅野拓磨選手(四日市中央工-広島)の活躍を見ることができましたが、三重県出身選手の活躍は本当に楽しみですね。
 
嶋津:そうですね、三重県のサッカー界は、有力な選手をしっかりと輩出しています。
これには、城雄士さん、樋口士郎さん、九鬼愼次さんなど、多くの優秀な指導者の皆さんの頑張りの結果であると思います。樋口士郎さんからは印象的な言葉を聞いたことがあります。
それは、「来てもらった選手は拒まない」という言葉です。そんな思いで指導をされているからこそ、 人が集まり、さらには優秀な選手が育っていくのだと思います。
 
橋川:優秀な選手が育つには、素晴らしい指導者の存在があるのですね。
 
嶋津:以前に、城さんと懇親会をご一緒したことがありましたが、色々な指導者が城さんの所へ「どのようにすればチームが強くなりますか?」との相談にきていました。 その返答は、「練習あるのみだな」でした。それは、シンプルな答えですが、他の指導者に対する何らかのメッセージだったのかもしれませんね。
 
橋川:とても奥が深い話だと思います。指導というのは方法論だけではなく、様々な要素を複合的に考えながら実践していく必要がありますね。
 
嶋津:そうですね。これからも、日本や世界で活躍できる選手が三重県から育つことを期待しています。

【編集後記】

嶋津会長との最初の出会いは、私がJFAスポーツマネジャーズカレッジに参加した時である。 まず驚いたのが会長職でありながら、ほぼ全日程に顔を出されていたことだ。 今日の会話の中で、さらに驚かされた。なんと、参加者がプレゼンテーションしていた内容を覚えておられたのだ。 大ベテランの年齢になっても、一参加者の発言に耳を傾け、頭の片隅にストックしておられる。 私であれば、右から左とまでは言わないが、1ヵ月もしたら忘れているかもしれない。 しかし、今日の対談の中で、私が心で受け止めた言葉がある。 それは、「頑張るのは本人」「周りはサポート」という言葉である。 そもそも嶋津会長が、ここ数年の中で感銘を受けた言葉とのことだ。 良く考えれば当たり前のことであるが、指導する立場になることでこの考えがぶれていく可能性がある。「指導者や保護者が頑張るのではない」、「頑張るのは本人」なのである。
 

インタビュー記事のPDFダウンロードはこちらから