結果報告

結果報告

  • 2016-06-07
  • 救命救急法資格講習会を開催しました☆

アカデミックプログラムを開催しました☆

 

昨年は、

日本体育協会のスポーツリーダーの資格講習会などを

開催しましたが、

今年は、

独立行政法人日本スポーツ振興センターの

スポーツ振興くじ助成を頂き

救命救急法の資格講習会を開催しました(^O^)/

 

プログラムタイトルは、

『国際救命救急協会 Basic+AED &

AHA(American Heart Association)Heartsaver CPR AED』

 

講師は、当協会理事長であり

国際救命救急協会アドバンスインストラクター

AHA BLS INSTRUCTOR の竹田昌平が担当しました。

    

心肺蘇生法の講習会では、

基準が非常に厳しいといわれている

国際救命救急協会のライセンスと、

世界の心肺蘇生法の基準となっている

AHAのライセンスが同時に取得できる内容でした!

 

珍しい企画なので、注目度も高く

募集開始後すぐに定員いっぱいになりました。

遠くは、神奈川県からもお越しになられていました。

 

午前中の3時間は、理論講習

午後からの4時間は、実技講習

 

 

 

 

 

 

そして、筆記テストと実技テストを行いました。

 

実技テストは、

傷病者発見、救急車やAEDの依頼、

気道確保、脈と呼吸の確認の一連の流れを確実に行った後に

心臓マッサージ30回と人工呼吸2回の30対2を

5サイクル繰り返すテストです(^O^)/

人工呼吸の吹込量や心臓マッサージの強さ

それぞれの速度などがペーパーで出てくるので

全てを正確に行う必要があります!

減点法で、-5点までが合格という、

ハイレベルな実技試験でした(*^_^*)

 

そして、今日の試験では、

16名が見事合格することができました☆

 

スポーツ指導者やスポーツ施設管理者等にとって

適切な救命救急の技術は、絶対に必要です。

 

日本では、

救急車の到着が平均8.3分程度かかるといわれています。

救急隊に傷病者を引き渡すまでの間に、

いかに脳に酸素を送り届けることができるか、

それが予後にも大きく影響します!

 

三重県生涯スポーツ協会では、

今後も継続して、

このような事業にも取り組んでいきたいと思います。